モナコインを知る前に

現在、日本だけでなく世界中で仮想通貨ブームと言っていいほど、仮想通貨の取引にチャレンジする人が増えていますが、実際に取引で利益を出すためにはどのようなことを覚えておかなければならないのでしょうか?
日本でもいろいろな仮想通貨は生まれていて、たとえばモナコインは有名な掲示板サイト2ちゃんねるが発祥となり、今ではオタク文化に精通している人はもちろんそれ以外の人からの支持も集めはじめています。

しかしモナコインを知る前にまず知っておいて欲しいのはビットコインで、ビットコインはすべての仮想通貨の基本となるものですから、取引にチャレンジするならモナコインなどのアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)よりもビットコインがおすすめです。
ビットコインはサトシ・ナカモトと呼ばれる人物の論文発表を基にして、有志で集まって来たプログラマーによって開発が進められ2009年に登場した世界初の仮想通貨です。
これまでもオンラインゲーム内など特定のサイトで使うことができる通貨は存在していましたが、ビットコインはそういったものとは大きく異なり、いろいろな場所で通貨として使えるという革新的なものだったのです。

最初に通過として取引が成立したのは2015年で、フロリダでプログラマーがピザの購入にビットコインを使ったことがはじまりだとされています。
そこから少しずつ浸透していき、インターネットショッピングなどの決済にも使われるようになった結果、ビットコインの取引も開始されたのです。

ビットコインだけでなく仮想通貨の取引をするうえで重要になるのが仮想通貨取引所で、これは株の取引で言う所の証券取引所や信託銀行のような存在です。
仮想通貨取引所を通じて仮想通貨の取引を行うのですが、株取引と違うのは仮想通貨取引所とはそれぞれ特徴が結構違うところが多く、どこを利用するかによって結果が変わってくることがあります。
したがって仮想通貨取引所の選択は慎重になったほうがいいですし、インターネット上には仮想通貨取引所に関する情報もたくさん出ていますので、そういったところから情報収集してみてください。

仮想通貨取引所を利用するのはビットコインだけでなく、アルトコインも同じですが、アルトコインの場合は取引に利用できるところが限られてきますので注意が必要です。
モナコインの場合はザイフ、ビットフライヤー、ビットキャッシュの3つになりますので覚えておきましょう。