注目のアルトコイン

仮想通貨の取引について情報収集している人も多いと思いますが、そういった人たちはおそらく最初はビットコインについて調べるでしょう。
ビットコインはすべての仮想通貨の基礎通貨となるもので、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の購入にビットコインが利用できるなど、ほかの仮想通貨とは一線を画すものです。
したがってまずビットコインから知るというのは間違いではありませんし、ビットコインは情報量も豊富ですから初心者の人でも取引しやすいと思います。

しかし仮想通貨の取引はビットコイン以外でも行われていますから、可能性を探るという意味でもアルトコインの情報収集をするのは決して無駄ではありません。
そこでここでは今注目されているアルトコインを2つ紹介しますので、是非これからの取引に役立ててください。

まずひとつめに紹介するのはイーサリアムという仮想通貨で、これは現在ビットコインに次ぐ世界2位の仮想通貨として知られています。
イーサリアムのもっとも大きな特徴は「スマートコントラクト」という独自のシステムで、このシステムは取引で必要になる契約を自動的に実行して、それを保存することができます。
もちろん第三者を介して行うのではありませんので、信頼性も高いですし、このシステムが構築されていることによって過去の契約情報もすべてネットワーク上に保存されていますから改ざんなどの心配もありません。

また手数料もビットコインより安いですから決済手段としても優秀ですし、ビットコインよりも優れた点が数多くある仮想通貨です。
知名度の点でビットコインにはまだまだ劣りますがトヨタや三菱UFJ銀行、KDDI、マイクロソフト、アクセンチュアなどの大企業もイーサリアム連合に加入しており、今後間違いなく伸びてくる仮想通貨だと言えるでしょう。

そしてもうひとつは日本産の仮想通貨の「モナコイン」で、これは独自の路線をいく仮想通貨としてファンを獲得しており、こちらも期待の仮想通貨です。
モナコインはもともと2ちゃんねるから発祥したユニークな仮想通貨ですが、実用性の高さは非常に評価されており、早くから決済手段としての幅広さをもっていました。
たとえばメイド喫茶やパソコンショップなどで「モナ払い」と呼ばれるモナコインによる決済を利用できるところもありますし、今後そういった場所が増えれば知名度も高まりさらに評価されていくでしょう。
このようにビットコイン以外にも優秀な仮想通貨はたくさんあるのです。